隣の奥様は対抗意識丸出し

このブログやメルマガでは、不動産の話ばっかりしてますけど、私は、不動産仲間でない普通の友達付き合いの中では、基本的に不動産の話はしません。

これは、BONBON母の教えなのです。自慢しているつもりがなくとも、やっかまれたり、ライバル視されたりして、ロクなことがないと。

こちらは、ただの仕事、ビジネスの感覚であっても、資産家だと思われて、しょうもないものを売り込まれたり、厄介な役を押し付けられたり、形見分けから外されたり、借金を申し込まれたり、生協のグループからハミゴにされて、近所付き合いがしにくくなったりするってことなのです。

付き合いは減っていって、BONBON母のお友達は、おんなじような不動産オーナーばっかりになってしまってます。(皆様、質素で地味でケチなオバちゃんたちです。)

資産家はやっかまれる

BONBON実家の向かいのオバちゃんは、投資家ではないですが、持ち家住まいで、旦那さんは東証2部上場企業の偉いさんでした。

二人の息子は、BONBON兄弟と歳が近かったので、小学校低学年ごろまではわりと仲良くしてました。

旦那さんの会社の、お菓子のサンプルをよくくれるんで、私は、いいオバちゃんだと思ってたんですが、BONBON母に対しては、ライバル心むき出しだったそうです。

なにかにつけて張り合われたり、嫌味を言われたりして、くたびれて近所付き合いやめたっていってました。

ダンス教室に通いだしたといえば、(テナントにダンス教室が入ったからなんですが)、私が先にやろうと思っていたのに! と責められたとか。

椅子取りゲームじゃあるまいし、あなたも、やりゃええじゃないのと困惑。

張り合うと失敗します

向かいのおばちゃんは、不動産投資も始める! と、BONBON家に張り合って、新築マンション投資に引っかかって、えらい損してしまったそうです。

相談してくれれば、そんなアホな投資はやめときなさいと、アドバイスできたのになあ・・・と、BONBON母は、残念がっておりました。

そういう人は、素直じゃないし、自分の思考を他人に当てはめるものですから、止めたところで、「私が儲かるのが面白くなくって、邪魔するのね!」 と受け取るのがオチでしょう。

下手にアドバイスして恨まれるより、良かったんじゃないでしょうか。

それにしても、人は、なんで張り合うんでしょうね。

ライバルを目標に、頑張るのは悪いことではないでしょうが、不動産投資で、物件の数とか、年収とか、張り合ったところで、何の意味もないですよねえ。

不動産王日本一の番付を狙うわけでもないでしょうし、物件が多くなったら、忙しくなるばかりで、税金も増えて、相続対策も大変になりましょう。

生きがいのように、物件を増やしていって、ヒーコラいっている資産家も知っております。まあまあ食うに困らないレベルのBONBON家の方が、平和で幸せだと思います。(先細りはしないようにとは思ってますが)

2年で3棟、年収何億円のメガ大家さんに! なんていう煽り文句がありますけど、不動産投資って、どういうライフスタイルを目指すのか、自分が死んだときにどうしておこうとか、考えておくべきで、むやみやたらに買えばいいってものでもないですね。

幸せに暮らせるバランスがあるんじゃないかと思います。

資産家は自慢しない

隣の奥さんは、物件を持つことでBONBON母と対等に、できれば上から目線で、ええかっこしたいという、浅はかな欲望があったのでありましょう。

BONBON家でおつきあいのある不動産オーナーは、たいていBONBON家よりずっと規模の大きいところばっかりですが、別に張り合おうとも思わないし、こちらの規模が小さいといってエラソーにされることもありません。

成り上がりの不動産王はおられず、たいてい先祖に感謝して生きておられます。質素で堅実です。目立つこともしないし、ケンカもしません。品もいいです。

介護職時代に見てきた生活保護受給者の方々のほうが、よっぽど金遣いが荒いです。

そんな人が実は、バブル時期、不動産で荒稼ぎしていた人だったりします。俺は、バブルのときは何億円も転がしてたもんやでえ~と、介護職の頃、生活保護のお客様からよく自慢されまして、へえー凄かったんですねえと、お愛想しながら、アホかと思っておりました。

資産家は浮かれない

バブル前から今まで残っている資産家って、浮かれて転売とかしなかった人だと思います。成金長者に張り合ってたら、たちまち没落ですよねえ。

BONBON家の裏には、大きな蔵のあるお屋敷もありましたが、浮かれた息子がフェラーリやらクルーザーやら買い漁って没落、建売住宅6軒に変わってしまいました。

投資は張り合ってはいけませんね。堅実に地味にいきましょう。

■ 追記

隣のオバちゃんが、BONBON母より、上をいってた部分はあります。

それは、息子二人の教育なんですが、私立の優秀な学校に入れさせて、兄が医者、弟が環境保護の会社の社長になってるみたいです。これ、BONBON母は張り合わなかったです。

私も弟も、運動場にナナハンが走り回って、校舎の窓ガラスがいつも割れている、風通しの良い公立中学校に通ってました。おかげで、今、こんな感じになっております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    しょうもないものを売り込まれたり、厄介な役を押し付けられたり

    されている気がするのは僕だけですか?