相続のタイミングで絡んでくる隣人と悪徳不動産屋

私が相談された話なんですけど、そちらもお父上が亡くなられて相続があったのです。

BONBON家と違って、田舎の方で、登記とかもいい加減で、よくわからないことになっていたらしいです。

で、そのおうちは、道から入ったところにあって、細い通路を通らないと、自分の敷地にたどり着かないそうなのですが、そこに、隣のおうちから、クレームが!

登記では、通路はなくて、どうも隣の家の敷地ということだったのですね。

そんなことを知らず、おじいちゃんおばあちゃんの代から、ずーっと、通路を通り続けていたと。

隣人は、自分の土地を売って手放したいので、通路を買え! と、随分高値でふっかけてきたとのこと。

不動産屋さんを通じて、言ってきたそうです。

不動産屋さんは、いかにも狸で、にこやかに親切そうに、将来お宅のためになりまっせ、悪いようにはしないから、この話に乗っておきなさい、みたいな口調なんですね。

まあ、話の内容を聞いたら、対抗できるところがいっぱいありそうです。

長年通行しているのなら、通行権だとか、時効取得とかありそうです。土地の評価額と、提案価格がかけ離れているような気もします。

私もそこまで専門知識はないので、弁護士に相談したら? とアドバイス。

で、素直に弁護士に依頼して、交渉の場に同席してもらったそうです。

そしたら、不動産屋さんは、態度一変で、言ってることもまるで変わってしまって、ああー素人だけやったら、まんまとええようにされておった、と、私は感謝していただけました。

弁護士にお願いするのって、ちょっと敷居が高いような気がするものですが、たしかに相談料とか結構いい出費になりますけど、素人知識で戦って玉砕して大損こくなら、弁護士費を払ったほうがずっと良いです。

ネットで、「○○に強いどこそこの弁護士」と検索すれば、いっぱいでてきますので、顔の良さげな人に気軽に相談したら良いと思います。

【三代目ボンボン大家のメルマガ】登録はこちら! おもしろいよ!
(素人がヘマをしながら修行しているリアルタイムの生々しい情報発信中です。)
↓   ↓   ↓

三代目ボンボン大家メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする