選ばれやすい物件と選ばれにくい物件

入居歴70年のおばあさんが退去された築20年のマンション、次の入居者が決まりました!

退去から4日目のことです。超スピードです。

退去の申し入れがあった時点で、仲介屋さんにお願いしていたということもありますが、こんなに早く決まったのは、やはり物件の条件が良かったのです。

入居者に選ばれやすい条件

この物件は、特に募集していないときでも、「空きはないですか?」と問い合わせが来ることがありました。

人気なんです。

人気の条件を、推測して書いてみますと、

駅から近い

チンチン電車という路面電車の駅のすぐそばです。

線路沿いですが、チンチン電車はゆったり走っておりますので、騒音はそれほどないです。

JRや急行や特急のある私鉄の駅は、若干遠いですが、バス停がマンションの前にあります。

築浅物件

築およそ20年。BONBON家の所有物件の中では、最新です。

間取りや設備も、わりと今風になっております。エレベーターも各階に止まります。

なんと、宅配ボックスもついております。

トイレは、ウォッシュレットになってませんでしたが、今回リフォームで付け替えます。

管理が行き届いている

週3回ですが、管理人さんが巡回して、お掃除などしてくれていて、キレイです。

お買物に便利

スーパーが徒歩圏内に2店あります。

一つは普通のスーパーで、もうひとつは、先日前経営者が逮捕された超格安店のスーパー玉出です。

銀行や郵便局も近いです。

学校も近い

公立の小中学校が近いです。

(人気の校区かといえば、そうでもないですが…)

環境が良い

世界遺産を目指している百舌鳥古墳群の中にありまして、閑静でもないですが住宅街です。商店は多いです。

古い町並みや建物も、まあまあ残っていて、歴史を感じさせます。

災害に強いかといえば、海抜3m位なので、津波が来たら怖いような気もしますが、10階建てなので、流されはしないでしょう。

入居者に選ばれたポイント

入居していただくのは、アラフォーの独身女性でした。

ファミリータイプに一人暮らしとは、贅沢な感じですが、いいお勤め先で、いい年収。月額7万円のお家賃は、無理のない範囲だったようです。

今回、選んでいただいたポイントは、実家がすぐ近所で、お友達がこのマンションにいるから、ということでした。

コミニュティの条件に合致したということですね・・・。

周辺環境はよくご存知でした。

マンションの雰囲気や、設備には文句なし。まだリフォームも何も手付かずの状態で内見していただきましたが、壁紙と床と畳を張り替えて、トイレはウォッシュレット付きにしますということで、喜んでいただけました。

エアコンやキッチンは、前のまま。壊れた時は大家が負担して交換するという条件にしました。

私としては、あとの面倒がないように、古い設備は予め交換したほうがいいんじゃないかと思ったのですが、その都度こまめに動いたほうが喜ばれるというBONBON母の意見に従いました。

仲介屋さんが後で言うには、「あの人なら、全部入居者負担でも、決まってましたね。」とのこと。

きょうびは、入居時にエアコンが付いているのは当たり前、という風潮ですが、それも物件や入居者の属性による、ということで、一概には言えないそうです。

リフォームを年内に済ませて、お正月はこちらで迎えていただくことになりそうです。

選ばれにくい物件

ついでに、BONBON家の物件で、もう1年以上決まっていない物件の特徴を挙げておきます。

内見までは何度かたどり着いてますけど、なかなか決まりません。

築古の長屋

昭和17年築。相当古いです。

リフォームして、フローリングにしたりしておりますが、どうしても古いイメージはありますね。

2階の畳の部屋に上がると、なんとなくギシギシ揺れます。連棟なので、防音性も良くないです。

畳や天井も張り替えて、明るい気持ちの良い空間になってはいるのですが。

玄関が道路に接している

なにしろ、家のほうが古くて、道路が舗装されたのがあとです。

玄関を出た鼻先を、自動車がビュンビュン走っています。歩道もありません。出入りがちょっと怖いですね。

バスは通ってませんが、JRの駅までは、徒歩5分です。

風呂が狭い

追い焚きもできますし、シャワーも付いてますが、狭いのはいかんともしがたいですね。

トイレもウォッシュレットにしてるのですけど。

エアコンはなし

エアコンはつけておりません。

私は、これが選ばれない原因ではないかと思ったのですが、仲介屋さんがいうには、この物件は、エアコンが無いから、というようなことで選別されるものでもありません、ということでした。

バリアフリーでない

和風の住宅は高齢者に好まれそうですが、なにしろ古いので、階段が急です。

酔っ払って帰ってきたら、若い者でも、おっこちそうです。

高齢者や、赤ちゃんのいる家族には、避けられるかもしれませんね。

その他、宅配ボックスや、無料インターネットなどの設備はありません。

ただ、そういった最新設備は、比較検討されたときに、あればいいかあ、というほどのもので、物件選びの最重要案件ではないということですね。

投資物件を選ぶなら

築古でも、リフォームのしがいがある物件がいいと思います。

ここまで作りが古いと、どうも小手先の表面的なリフォームで済ますしかないような。

もちろん莫大な資金を透過すればなんとかなるのでしょうけど、そこまでしたら、元を取れないと思います。

三代目ボンボン大家メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

2 Responses to “選ばれやすい物件と選ばれにくい物件”

  1. 外国人ねらいか
    民泊にするか
    いっそ建て替えを目指すか・・・
    世界遺産を目指すか・・・

    • 外国人もいろいろと難しいところがありそうだし、
      民泊は条例的にダメですし、
      建て替えするにも、他のお部屋の退去など時間がかかりますし、
      世界遺産か重要文化財狙いが一番現実的ですかねえ。

コメントを残す