20年持っていて損しない物件を選ぶ

またまた入居者から、退去の申し出がありました。今年は多いなあ。

今度の物件もファミリーマンションの区分所有です。こちらは購入してから、およそ20年たっています。20年前、中古を1000万円くらいで購入したものですが、現在もそのくらいの相場が通っています。(購入したのはもちろん先代です。)

20年持っていて、損なし。

その20年の間に、1000万円以上稼いでくれてるのですね。もとは十分取りました。リフォームしてまた賃貸募集をすれば、まだあと20年くらいは稼いでくれるでしょう。

もとをとったあとは、まるまる儲けです。

優良物件は金の卵を生むガチョウ

このマンションは、新築時は一部上場会社勤務の人しか入居できないなどの条件付きだったという話なんですけど、バブルが弾けて、不動産相場が暴落、ガクッと値下がりしたところを、パクっと食いついたのが、BONBON母だったのでありました。

駅から近く、生活に便利という環境が、人気物件の秘訣です。管理人常駐ですし、セキュリティもしっかりしてます。ちょうど先月、大規模修繕が終わったところで、見た感じもピカピカになりました。目の前に大型スーパーマーケットが、近々出来上がる予定です。

こういう物件は、お宝ですね.資産です。金の卵を生むガチョウです。

こういう物件を見つけて、安いタイミングで購入すれば、それだけで、安定した収益が確定するわけです。

もとを取るまでに時間はかかりますので、長期的な目線が必要ですけれども、それが不動産投資というものですね。忙しく売ったり買ったりすることじゃないと思います。

売ってしまうと、一時的にお金が入りますが、せっかくの安定した収益がなくなります。ガチョウを殺して、金の卵を取り出そうとするようなものです。大切に持ち続けるのが良いです。

はやりの手法は大丈夫?

話は変わりますが、最近は、テレビなどでも、若い女性の投資家が、次々借入をして数年で何棟もの所有者になってウハウハ言っていたり、そのような不動産投資セミナーも盛んだと聞きます。

私もネット情報や書籍など読む限り、その手法は、とってもいいね! と思うんですが、この道何十年の母の目にはバブルの再来に見えるようで、かなりの警戒心を持っています。

銀行とのおつきあいは、今は私がやってまして、担当の方には、借りてくれー、融資受けてくれーと誘われており、物件さえ見つければ、数億円の一棟マンションくらい買えそうですが、まずは現在の借入を完済してからだと、頑ななBONBON母であります。

(出物があれば見には行きますが、結局、キャッシュで買える物件しか手を出さないです。)

投資戦略も、年令によって変わってくるもので、年齢とともに堅実になってくるのかなあ、という気もします。バブル時代を経験しているかいないかの違いもあるのでしょう。

バブルの時の不動産高騰と、低金利の現在の不動産ブームでは内容も違うと思いますので、若い人は、バンバン借金して、ガンガン物件を増やしていくのもいいんじゃないかなあと思ってます。

資金のない若い人が、不動産投資を始めようにも、融資を受けないことには物件を増やせませんし、それも、正攻法だと思うのです。銀行の人もそう言ってるし。

ただ、三代目の私は母の意見を尊重して堅実にいくことにします。

20代や30代のヤングな投資家たちが、うまくいっているうちは、「やっぱり若さっていいね!」と、指を咥えて横目でみておきます。ただ、膨れ上がって弾けた場合は、「歴史は繰り返すものだね…」と、つぶやくと思います。

不動産投資は、目先の数年先ではなく、20年後を考えて、投資していくのが良いです。借金すれば増やせるから、と、どんどん物件数を増やして、不動産王になるのもいいと思うのですが、将来、何人家族でどんな生活をしたいんだ、というイメージがなければ、際限がないですね。借金も税金も際限なくなります。

お金がわんさかあればなんだってできる! と思うのは危険でして、何ができたら幸せなのかを先に考えてから、稼ぎの計画を立てる方が、いい人生が送れるんじゃないかなあと思う今日このごろ。

不動産王!なんて呼ばれても、たいして嬉しくないし、子供の誘拐に警戒しないといけないなんてなったら、精神的平和から遠のくではないでしょうか。

幸せな不動産投資

三代目の私は、おおむね今の稼ぎで暮らせますが、子供の教育費用と、奥さんにかかる薬代と、ときどきは家族旅行でプチ贅沢できるくらいは、もう少し収入を増やしておきたいなあと思っております。

それだけできれば、わりと幸せです。世界名所巡りなどもできればいいですが、そこまでの情熱はないです。

幸せの上限はないと思いますが、あんまり高望みして欲をかきすぎて転落するのは避けたいと考えております。