相続登記の申請を自分でやってみた

BONBON父が亡くなり、2年が過ぎました。

遺産分割協議は生前に済んでおりまして(遺言は無し)、そのとおりに協議書を作成してもらい、相続税も払って、このたび相続登記を家族3人分済ますことができました。

これにて一連の相続の手続きは、完了です。

法務局への登記申請は、司法書士などの専門家にお願いせず、自分でやってみました。法務局には相談窓口がありまして、そちらで相談すれば、普通に、申請できます。

1回目の相談では必要書類の確認、2回めは、記入要領の確認、3回目は登録免許税の計算、4回目は申請した書類の補正と受け取りでした。

戸籍や印鑑証明などの必要書類は、銀行口座の手続きの時に概ね揃えておりまして、あとは、固定資産評価額一覧表とか、登記簿のまとめみたいなリストが必要なだけでした。

登録免許税の計算は、固定資産評価額に1000分の4をかけるだけですが、区分マンションの場合は、マンション全体の土地と、共有部分の建物に、自分のところの持ち分を掛けるという計算がありまして、それだけちょっとややこしかったです。

見本として1件だけ計算してもらって、残りは自分で計算しました。

登録免許税はけっこうな金額になりましたが、相談料はタダです。代書代は節約になりましたし、不動産登記にも詳しくなりました。

思ったほど難しくはなかったですね。

BONBON家の場合、被相続人と相続人が、書類記載の見本のようにシンプルだったので簡単でしたが、これが、兄弟縁者が多くてややこしいとか、前の代から登記せずにほったらかしだったとか、隠し子が現れたとか、隣の家と敷地権利で揉めているとか、そういう場合は大変だと思います。

きっと司法書士に払う手数料も、莫大になるのでしょう。

やっぱり、正直に誠実にシンプルに生きておかねばいけませんね。

あらためて、亡き父に感謝です。

【三代目ボンボン大家のメルマガ】登録はこちら! おもしろいよ!
(素人がヘマをしながら修行しているリアルタイムの生々しい情報発信中です。)
↓   ↓   ↓

三代目ボンボン大家メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする