老朽マンションの建替 進行中

老朽マンションの建替えの話を以前に、ちらりと書きましたが、話は進んでおります。

建替の委員会では、私は中枢的なポジションになりました。

コンサルタントにもついてもらい、デベロッパーがコンペで決まり、これから全区分所有者の合意形成を進めていくという段階です。

現在進行中なので、あまり詳しいことは書きませんが、なかなかの大事業です。

総事業費は、何百億円もかかるようです。

コンサルタントは、プロとして業務としてやってくれていますが、委員のメンバーは皆様、ボランティア。まあ、ボランティアと言っても、人様のための奉仕じゃなくて、自分事ではありますが、ご苦労多いです。

仕事を持つ人は、会議の出席もなかなかなので、隠居老人が運営の中心です。若い人は少ないので、私もなにかと頑張っております。

最初、マンションの建替えと言われても、何をどうしたらとピンときませんでしたが、活動に参加しているうちに、全体像がわかってきました。

大きな事業というのは、このように進んでいくのだなあ~と、なかなか感心します。

これは、そこそこの企業の運営も、国家の運営も、共通するところがあるんじゃないでしょうか。

とにかく、民主主義です。

マンションまるごとワンオーナーのものなら、独裁政権で建替えでも何でも決められるでしょうが、分譲マンションですから、何百人もの区分所有者の合意が必要です。

最終は、全員参加の投票となります。

政治家の選挙みたいに、投票率が少ないほうが有利ということはありません。棄権は非賛成ですから、棄権が多ければ、建替えの要件を満たさなくなります。

同じ住民同士ですから、感情のもつれとか、忖度とか、まあ、いろいろありえます。わがままな人も自己犠牲の人も、さまざま。

なにしろ、年寄の素人が多いですから、以前に話し合って決まったことでも、すっかり忘れて文句つけたりする人もいて、コンサルがブチギレそうなのを我慢しているなあ、というのが見えます。

生活に直結する大事ですから、自分の都合優先でワガママを言うのは仕方がないと思いますが、案外、イチャモンの内容はそうではなくて、自分の意見が尊重されないとか、価値観の押しつけとか、マウント取りたいとか、そういった心理心情からくるものが多いように思えます。

合理的じゃないのですよね。それが人間というものなのかもしれませんが。

合意形成の肝というのは、サポートの手厚さとか、セーフティネットとか、システム構築も重要でしょうけど、そのあたりの気分、気持ち、倫理みたいなところの影響が大きくなっていくかもしれませんね。しらんけど。

【三代目ボンボン大家のメルマガ】登録はこちら! おもしろいよ!
(素人がヘマをしながら修行しているリアルタイムの生々しい情報発信中です。)
↓   ↓   ↓

三代目ボンボン大家メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする