生殺与奪の権を他人に握らせるな!(分譲マンションの総会)

マンション管理組合の総会に出席しない場合は、議決権行使書に賛成とか反対とか書いて、提出するものです。

新型コロナ感染症の影響もあるので、極力、出席を遠慮して、書面提出でお願いしますというマンションも多いかと思います。

議決権行使書で、意思表明するのはよいとおもいますが、問題は、委任状です。

委任状は本来、誰か代理に人に出席してもらうときに、代理人の名前を書くものですが、ここに名前を入れず、理事長一任とか議長一任にしてしまう人が、案外多いようです。

そして、そういう人は、議案書もろくすっぽ見てもいなかったり。

しかし、これは、鬼滅の刃の冨岡義勇が叫ぶところの「生殺与奪の権を他人に握らせる」ということです。

マンション区分所有者は、管理組合の一員であり、マンションの維持運営に携わる一員であり、権利と責任があるのですね。

委任するのは、放棄するよりはマシですが、ちょっとは頭を使っておきませんと。

あとから、ブーブー文句垂れても、「あんた、一任したやないか。」といわれてしまいます。

予算の承認とか、役員の承認とか、ようわからん、と思っても、賛成、反対、と日頃から、自分の意志を表明する癖をつけておくのが良いでしょう。

でないと、建替えとかの重要な決議の際に、自分で判断できない人になってしまいます。

市会議員とかの選挙でそうですね。こちらには委任はないので、投票するか棄権するかになりますが、総会の決議を委任するような人って、選挙も行かなかったりするのじゃないでしょうか。

日本国民の一員として、「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」と叫んでおきます。

【三代目ボンボン大家のメルマガ】登録はこちら! おもしろいよ!
(素人がヘマをしながら修行しているリアルタイムの生々しい情報発信中です。)
↓   ↓   ↓

三代目ボンボン大家メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする