マンション管理規約をチェック

また、入居者さんより、退去の予告連絡をいただきました。

3件空いているのに、さらに空き家が増える!

ビビりますが、わりといいところにあるマンションですので、すぐに埋まるでしょう。もうひとつのマンションも決まって来月には入居という話だし。

やはり、駅近のファミリーマンションが強いです。ボロの長屋は厳しいです。

入居者募集用ホームページ

退去は来月ですが、ボチボチ、募集用のホームページに、募集案内を書きかけておこう。

このマンションの入居者は、私が家業に携わる前からの人だし、トラブルもなかったので、マンション自体、私も入ったことがありません。

ホームページには、マンション購入時の、重要事項説明書や、パンフレットを参考に、情報をまとめていきます。

間取りとか、わかるところは先に載せておいて、部屋の内部写真は、退去後に撮影します。リフォームが必要なら、それが終わった後ですね。

主に、このサイトの目的は、仲介屋さんが手抜きできるようにということなんですけど、お部屋探しをしている人が見てもいいように、周辺情報なども載せています。

学校やスーパー、病院や公園など、サイクリングがてら写真を撮って、載せるようにしています。

(ただし、契約は仲介屋さんを通してのみ、としています。)

管理規約をダウンロードできます

さらに、仲介屋さんが便利なように、管理規約もPDFにして、ホームページからダウンロードできるようにしています。

時々、「コピーちょうだい」と頼まれることがありますので、ホームページから取れるようにしておけば便利だな、と思いまして。管理規約なんて、マル秘情報でもないし。

丁寧な仲介屋さんは、持って帰って自社でコピーを取ってくれますが、それも手間ですものね。

今回のマンションは、管理規約が見当たらなくて、もしかしたら入居者さんにまるまる渡しているのかも。

退去のときに返却してもらいますが、なくしていたら、管理組合に再度もらわないといけないですね。

管理規約は募集前に要確認

管理規約は、募集するに当たって、よく内容を確認しておかないといけないです。

以前、テナント募集をしたとき、飲食店から声がかかったのですが、管理規約で火気を使う商売は不可、とありまして、管理会社から、「調理が必要な飲食店はダメ」と断られました。

これ、仲介屋さんも、お客さんも、うちも、二度手間でした。

あらかじめ、飲食店はダメだと、仲介屋さんに伝えておかねば。

住宅でも、マンションによって、ペット不可とか、ピアノ不可とかあります。反社会的勢力不可は、どこでもでしょうけど。

物件購入時は、じっかり確認していたはずですが、増えてくると忘れてしまうし、3代目の私なんて、全然当初の事情を知らないですから、いちいち確認することが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする