不動産屋にいけば良い話もでてくる

先日、入居者が決まった空き室の契約のため、不動屋さんに行ってきました。

売買契約の場合は、当事者同士が顔を合わせるものですが、賃貸の場合は、仲介業者を介して別々に、契約書に判子を押して終わり、というかんじです。

郵送でも済ませられるような話ですが、BONBON母は、不動産屋の営業や工務店の社長と、話をするのが好きです。

今回行ったのは、BONBON母と古くから付き合いのある、おじいさんが経営している不動産屋さんでして、契約書を作った後は、お茶を飲みながら、ぼんやり世間話などしておりました。

不動産屋の物件紹介

で、おじいさん、おもむろに、「こんな物件はどうでっしゃろ。」と、一括売マンションの資料を出してこられました。

不動産屋さんのすぐ近所の、1階と2階が店舗で、3階と4階がワンルームマンション。築18年とわりと新しく、駅から徒歩5分。8,700万円、値引きなし。

前オーナーは全額融資で建てたものの、返済がキツイし、高齢になってきたので、もう手放したいという話でありました。オーナーが住んでいる、マンション裏の築古の木造2階建てもオプションで付けられます。

自宅も売っぱらって、晩年は高級介護施設ででも過ごそうというのでしょうかね?

おじいさん不動屋さんは、ぼんやりボケているようで、オススメ上手なんです。

現状表面利回りは6%。満室になれば、13%。数字だけ見ていたら、よさげです。

エレベーターがついているので、メンテナンス代とか、月々の費用は多そうですけど。

銀行の金利まで勝手に決めて、いろいろとシミュレーションしてくれました。

物件は自分の目で確かめよう

ま、近いし、とりあえず見に行こうということで、BONBON母と見に行きました。このあたりの土地柄は、わりとよく知っているんですけど、駅近と言っても中途半端に雑然としたところです。

道は狭く曲がりくねっていて、小さな店がごちゃごちゃあって、賑やかなようで、空き店舗だらけ。マンションに駐車場はなく、近くに駐車場も少ないです。

大学が近いので、ワンルームはいいかと思いますが、空いている店舗はどうかなあ。

1階に2店舗あるうちのひとつが空いていて、2階の散髪屋も、ちかじか閉店するということで、新たにテナント募集しないといけません。

周りのビルも貸テナントの張り紙だらけです。テナント集めには苦労しそうだ・・・。

BONBON母は、以前あちこち走り回って、空きビルを埋めた経験があります。仲介屋めぐりをしたのではなく、直接、塾とかダンス教室とか、フランチャイズのカフェの本社とか、飛び込み営業していたんですよねー。

そのくらいガッツがあれば、なんとかなるかもしれません。

しかし、街全体がなんだか寂れていく方向を向いているようで、難しいような気もします。

BONBON家が日頃主に狙っているのは、1,000万円前後の区分マンションをキャッシュ購入なんですが、8,700万円となると、融資を受けないと無理です。

買った時点からキャッシュフローはプラスにならないと、しんどくなりますので、空き室がある状態でも返済がまかなえるくらい月々の返済額は少なく、すなわち、返済期間が長く金利の低い融資を受けられれば、ということになりますね。

30年くらいで受けられればなあー。

あまり気が進んでいるわけでもありませんが、勉強のため、ちょっくら、銀行に行ってきます。

コメント