大家さんの仕事

三代目大家こと私BONBONの日常業務をご紹介します。

といっても、毎日しないといけないことって、たいして、ないです。

大家の仕事内容

定期的なのは、テナントビルの掃除とゴミ捨て。お掃除は、週一回、アルバイトの方にお願いしているので、それほどすることもなくって、ゴミ捨てだけ。

クルマで取りに行って、自宅でゴミ収集に出してます。塾とか、ダンス教室なんで、あんまりゴミも出ないんですよね。

廃棄物がたくさん出るテナントさんには、自分のところで事業ゴミに出してもらっております。

季節の仕事では、植木のカットとか、ビワの実をとって配ったりとか。

テナントビルにパソコン教室が入っているんですけど、知的障害を持つ人たちが生徒です。講師の先生が大変みたいなので、私もサポートに入ったりしてます。

いい大家さんだなあ。

マンションの区分所有は、管理組合の総会に出ることもあります。

月末の家賃集金と記帳

先代まではこの集金業務が一番大変だったみたいですが、今はほとんど銀行振込なので、そんなに大変でもないですね。

家賃の遅れている人に連絡するのは、急かしているみたいでちょっと嫌ですけど。これも今どきは、保証会社が代行してくれるようなので、大家の仕事は、どんどん楽になっているのかもしれません。

会計業務は、毎月、月初に銀行を回って通帳に記帳して、エクセルで作った家賃管理帳と会計簿に入力していきます。

これは税理士の先生に年に一度、メールで送ってます。

BONBON母にわかるように、ノートに鉛筆でもつけていきますけど。

入退去の手続きとリフォーム

退去時の立会とか、新しく入居する人と契約書を交わしたりは、そんなに頻繁じゃありませんけど、時々あります。

すっかり仲介屋さんに任せたほうが楽なような気もしますが、たまのことなんで。

入居者募集は、いくつもの仲介屋さんに同時に頼んでます。

古い物件が多いので、退去があったら、工務店の人にも来てもらって、リフォームします。お金かかります。

どんなふうにリフォームするかというのは、BONBON母が主に決めます。そのうち私も指示できるようにならないといけないのですが、勉強が必要ですね。

建物の維持管理

退去時だけでなく、住人から、水漏れだとかドアが閉まらなくなっただとか、修繕の依頼があったりもしたときは、見に行って、工務店に修理をお願いします。

いつもお願いしていて、ホイホイと動いてくれる機動力高い工務店がありますので、すっかりまかせております。

壁のヒビとか、傷んでいるところも見つけないといけないんですけど、だいたい工務店か、入居者が見つけてくれますね。

新たな物件への投資

これは、楽しい仕事です。チラシとか、ネットとか、銀行からの情報を見て、よさげなのがあれば、母と見に行ったり、不動産業者に行ったりしてます。

私BONBONは、まだまだ経験が浅いので、もっと見て回って目を肥やさなければと思っております。

決まれば、契約とか、お金をかき集めたりとか、ちょっとバタバタしますが、仕事をしているなあーという気になれます。

今はまだ買う時期じゃないと思っても、日頃から目を養っておかねばなりませんね。

その他、ややこしい入居者の追い出しとか、事故処理とか、台風被害とか、土地トラブルとか、役所の調査の立ち合いとか、空きビルのテナント募集営業とか、テナントの本社との家賃値下げ交渉だとか、そんなのもありますけど、たまのことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    のあのあさんはBONさんのお得意様ですよ。 ボランティアではないですよ。

  2. BONBON より:

    そうでした!

    もちつもたれつ、というかんじですね!