保険金詐欺に注意

詐欺だと言い切ってしまうと言いすぎかもしれませんが、こんな電話がかかってきました。

いきなり個人の携帯電話に、見ず知らずの会社が、電話をかけてくる時点で怪しいです。

地震保険の代理請求?

「地震で被災されていませんか? どんな小さな被害でも3箇所あれば、地震保険は請求できます。当社にお任せください。」みたいな内容。

地震保険はかけてませんでしたので、それ以上話が続きませんでしたが、かけていたとしても、地震保険制度の理念に合わないですね。こんな話。

法律や制度の隙間を縫って、銭儲けしようという、胡散臭い匂いがします。

で、さっそく消費者センターに問い合わせてみました。

消費者センターに電話するのは得意です。消費者センターの人は、親切に話を聞いてくれますので、わりと好きです。

で、調べてもらったところ、該当する会社名や電話番号でヒットするものはないけれど、この手の苦情は多くて、保険請求を代行して高額な手数料を請求する悪徳業者であろうとのことでした。

保険請求なんて、契約者が自分でやったらいいだけの話で、まったく余計なお世話な会社です。

というわけで、またかかってきても相手にしないことにします。

保険で原状復帰?

消費者センターにはチクっておりませんが、このようなお誘い電話を受けたこともあります。

こちらは、私の電話番号の入手先はわかっているので、そんなに怪しい会社ではないと思いますが、入居者の退去予定がわかったら、保険をかけませんか?というお話でした。

3ヶ月でもかけておれば、原状回復にかかる高額な費用が、保険でまかなえます、という話なのです。

これもなあー。保険屋さんが聞いたら、怒るで、しかし。(横山やすし風に)

まあ、原状回復が必要かどうかは、保険加入時点ではわかりませんから、保険の意義には一応かなってはいると思いますが、直前に入るってのは、コスいような。

大家さんが全員これをやると、保険屋さんはたまりませんね。

新たな規約とかでガードされるに違いない。

というわけで、詐欺とは言えないまでも、制度の脆弱性をつくような小細工は、好きじゃないな、という話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする