新型コロナとテナント休業の影響

新型コロナ感染症による影響は、多少ありました。

年金ぐらしの高齢者に賃借りしてもらっている住宅が多くて、その家賃の影響はありませんでしたが、テナントビルの収益が下がりました。

ヨガ教室やフラダンス教室は、お休みのため収益ゼロに。

社交ダンスは、個人レッスンだけ開催ということで、その時間帯だけ。

薬屋さんや、事務所など、時間貸しでない契約のところは、特に影響はありませんでした。

が、広くフランチャイズをしている学習塾は、本部から家賃減額のお願いがありました。

3ヶ月間、割引ということにさせていただきましたが、その期間も、生徒は来てたぞ??

全店舗の大家に値下げ要請しているのでしょうけど、コロナの前にも値下げの要請もあったし、今がチャンスと、コスト削減に走っているのかしらん??

空手教室が頑張っておられて、先生は動画撮影して、生徒さんに配信されていたみたいです。

さすが、これが経営努力というものですね。

で、私はなにか経営努力しているかと言えば、たいしてしてなくて、空き室の仲介依頼に不動産屋さんを回ったくらいかなあ。

ホームページに載せる写真を取りに回ったりとか。

不動産屋さんも色々あって「コロナでさっぱりですわあー」と嘆いているお店の、すぐ近所の店では、満員御礼で、座るところがなくて待たされたり、こういうのも経営努力の差があるのでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    家賃減額に容易に応じてはだめと誰かが言っていました。 まずは持続化給付金を受けられましたか?ときいてそれを受けていないのだったら大したことないですね・・・と切り返さないと。
    たぶん塾はあまり影響ないはずです。

    この動画でした。
    https://www.youtube.com/watch?v=txUspn97qNo